ウイルス  予防

システムに入ってしまうことを「感染」、プログラムに障害が発生することを「発病」という。 

最悪の場合、ディスク内のデータが破壊され、ファイルが読めなくなったり、またパソコンの起動が出きなくなってしまうこともある。

日ごろからの注意事項として 

1.知らない人からのメールは開かない  

知らない人からメッセージが届くということは、相手先がウィルス感染し、そのウィルスの影響で勝手にメッセージを送信している可能性がある。  

OutlookExpressをお使いの方は、「プレビューウィンドウ」を解除しておくといい。 

2.メールの添付ファイルは、開く前にウィルス検査を行う  

3.ダウンロードしたファイルは、使用前にウィルス検査を行う  

4.ウィルス感染の兆候  

システムやアプリケーションがたびたび止まる。  

あるいは、システムが起動しない。   

不審なウィンドウやメッセージが表示される。   

ファイルが無くなる。見知らぬファイルが作成される。   

タスクバーなどに妙なアイコンができる。   

勝手にインターネット接続しようとする。   

発信した覚えのないメールが送信される。   

アドレス帳に知らない送信先が勝手に追加された。   

送信したメールに、勝手にファイルが添付されている。   

メールやワープロファイルが勝手に書き換わる。  

5.日頃からすぐバックアップを行える環境やシステムを再インストールできる環境を作っておく。

ウイルス  特定の添付ファイル開封

ウイルス感染防止のためにOutlookExpressには、添付ファイルを開かないようにする機能があるが、標準の設定のままでは必要なファイルまでブロックされることが多いので、特定の添付ファイルだけを開けるようにすることができる。 

方法は次のとおり。 

1.「マイドキュメント」を開いて「ツール」メニュー→「フォルダオプション」を選択。 

2.「ファイルの種類」タブを開き、設定を変更したいファイルの種類を選択して「詳細設定」をクリック。 

3.編集画面で「ダウンロード後に常に開<ように設定する」のチェックをいれて「OK」をクリックする。 

4.同じ方法で、必要なファイルの設定を変更する。

ウイルス  兆候

パソコンで、次のような兆候があった場合は、ウィルス感染の可能性があるので、ウィルス検査を行ったほうが無難である。 

例え、ウイルス対策ソフトを購入インストールしていなくても検査だけは、例えば、トレンドマイクロ http://www.trendmicro.com/jp/ にて、無料で検査できる。

<兆候> 

・システムやアプリケーションが頻繁にフリーズする。  

あるいは、起動しない。  

・訳のわからないウィンドウやメッセージが表示される。  

・ファイルが勝手に消されている。見知らぬファイルができている。  

・タスクバーなどに奇妙なアイコンができた。  

・勝手にインターネット接続しようとする。  

・モデムが勝手にアクセスポイント以外の番号に電話を掛けるようになった。  

・勝手にメールが送信されている。  

・アドレス帳に覚えのない送信先が追加された。  

・送信したメールに、覚えのないファイルが添付されている。  

・メールやワープロファイルの文字が勝手に書き換わることがある。  

・ともかくデスクトップ画面が、おかしい。

ネットワーク  速度計測

ネットワーク上の通信速度がどれくらいなのかを次の方法で調べることができる。 

1.「コントロールパネル」から(「パフォーマンスとメンテナンス」)→「管理ツール」を選択。 

2.「パフォーマンス」をダブルクリック 

3.「パフォーマンス」画面下にある項目を右クリックし「カウンタの追加」を選択 

4.「パフォーマンスオブジェクト」で「NetworkInterface」を選び、カウンタに「Byte Total/Sec」を選んで「追加」をクリック。  

上記の数値から毎秒何バイトのデータが送受信されているかがわかる。 

ネットワークのトラブルが発生したときに役立つ場合がある。

ネットワーク  設定(コンピュータ名とワークグループ名)

「コンピューター名」は、ネットワーク内で個々のパソコンを区別するために設定する。 

一方、「ワークグループ名」は、大規模ネットワーク内でいくつかのパソコンをグループ分け(例えば会社であれば、支店など)するのに使う。 

自分でネットワークを構築するときは、設定する必要がある。 

方法は次のとおり。 

1.「スタート」メニュー→「マイコンピュータ」を右クリック→「プロパティ」を選択 

2.「システムのプロパティ」で「コンピュータ名」タブを開き「変更」ボタンをクリック。 

3.「コンピュータ名」と「ワークグループ名」をそれぞれ入力する。

ネットワーク  接続修復

インターネット等ネットワークを利用していると、プロバイダやサーバーの障害等で接続が途切れるなど、トラブルにあうことがある。 

通常パソコンを再起動すると再接続できるが、WindowsXPのネットワークの修復機能を使えば、すぐに再接続できるようになる。 

1.「スタート」メニュー→「マイネットワーク」を選択。 

2.タスクメニューから「ネットワーク接続を表示する」を選択 

3.接続が途切れたネットワーク機器のアイコンを右クリックして「修復」を選択。 

4.しばらく待つとネットワークの修復が完了したメッセージが表示されるので「OK」を押す。 

自分のパソコンのトラブルではなく、他の原因でネットワーク接続が異常終了したときは、たいがいこれでネットワークが回復するようだ。

一度お試しあれ。

ネットワーク  診断

WindowsXPには、ネットワークがトラブルを起こした時に使える診断機能がある。 

使い方は次のとおり。 

1.「スタート」メニュー→「ヘルプとサポート」を選択し、「問題を解決する」を選択する。 

2.「関連項目」から「ツール」を選び、「ネットワーク診断」→「システムをスキャン」をクリックする。   

Windows自身がネットワークに関する色々な設定を診断し、設定状況やトラブルを一覧表示してくれる。 

そのほか、XPのヘルプには昔と違い、システムの障害を復旧するための様々な診断ツールや修復ツールへのリンク等が掲載されている。

ネットワーク  状態

ネットワークの詳細な状態を調べるには、「システム情報」の 「コンポーネント」の中にある「ネットワーク」で詳細に調べることができる。

方法は、つぎのとおり。 

1.[スタート]→[ヘルプとサポート] 

2.ツール バーの [サポート] をクリックし、ウィンドウの左側の [詳細情報] で、[システムの詳細情報] をクリック 

3.さたに右側の「システムの詳細情報を表示する」をクリックする。 

4.今度は、右側のネットワークをクリック、さらに必要な項目をクリックする。 

ネットワーク関連機器(アダプタ)やプロトコルの状況がわかる。 

プロトコルやネットワーク機器のパラメータやIPアドレスなどのいろいろな情報、接続状態、ネットワークの情報などのほとんどが表示されている。

ネットワーク  使用率

ネットワークでどれくらいの速度で通信が行なわれているか次の方法で調べることができる。  

1.「Ctrl」と「Alt」と「Delete」キーを同時に押す。 

2.「タスクマネージャ」を起動→「ネットワーク」タブを開くとそのパソコンの通信状態がわかる。 

グラフの数値が常に一定して大きい場合は、ネットワークヘの負荷が大きいことが考えられる。 

トラブルなどの際に参考までに使ってみるとよい。

ネットワーク  共有フォルダ利用不能

Windowsには、WindowsXP以前から、2台以上のパソコンで、お互いのフォルダやファイルを見ることができたり、1台のプリンターを共通で使用することができる。

共有の設定は簡単でフォルダを右クリックして共有のタブで共有の許可をするだけ。

ただし、2台のパソコンがネットワークケーブルで接続されていなければならない。

無線で、ネットワークにつながっていてもかまわない。

ところが、共有フォルダの設定を行なったのに、他のパソコンから共有フォルダが見えない、利用できないという場合が時々ある。

そのような場合は、 

1.ネットワークのコンポーネントを確認する。 

2.ネットワークのプロパティ内に「Microsoftネットワーク用ファイルとプリンタの共有」というコンポーネントがないとフォルダの共有機能は利用できないので、確認する。 

3.なければ、インストールする。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。